スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古いバッテリーを処分

ウチのハイエースには115Ahのサブバッテリーを2個積んでいます。
しかしながら、2年経過して、春先にかなり ヘタってきているのを実感。

それで、とりあえず1個だけを交換して様子を見ていたのですが
やっぱり、2個目も交換した方がいいかな?
と、思っていた矢先に
先日、友人から105あhサブバッテリーを1つ格安で譲ってもらい、
これで2個ともサブバッテリーの入れ替えが完了しました。

ここでは、詳しく書きませんが
新旧のバッテリーを同時に搭載した場合とか
容量の違うバッテリーをつないだ場合とかの問題はありますが
この件については、後ほど・・・多分書くと思うw



さて、本日のお題は
交換した古い方のバッテリーの処分をどうするか?


20140628001.jpg


ショップで交換すれば、古いバッテリーは引き取ってもらえますが
ネットや、ほかの手段で入手した場合は、手元に古いバッテリーが残ってしまい、邪魔。邪魔。

で、ネットで検索すると、古いバッテリーを引き取ってくれるところがあります。
しかも、有償で。

ちょっと、遠かったですが、出かけるついでがあったので
そこへ持ち込んで、処分してもらいました。

バッテリー2個で 約45Kg。
Kg単価が約80円(2014.6現在) つまり 2個で3,600円ほどで
引き取ってもらいました。

紛らわしい書き方ですが、これは売却して戻ってきた金額ですので
少々、遠くてもガソリン代は十分に出ました。

これでは、廃品回収業者の方が、無償で引き取って
売り払っても十分にモト取れますね。
まして、引き取りの際に料金を請求するなんて、2重取りもいいところ。
みなさん、お気をつけください。
スポンサーサイト

冬用タイヤを入れ替え

20121125003.jpg
12月に冬用タイヤに入れ替えてから、早くも3ヶ月。
もう、必要ないだろう・・
って、ことでノーマルタイヤへ入れ替えました。

3ヶ月で約3000Kmを走っただけですが
雪道を走ったのは2回だけ。
そのうち1回は、まさかココで降るかぁ! の場面だったので
履いていてよかったと、恩恵を感じた場面ですね。

って、ことでタイヤの実力を十分検証できないまま
一シーズンが終わってしまいましたが
ノーマルタイヤも溝が減ってきているので
次の機会に、入れ替え必要かな?

ハイエースのタイヤチェーン

めったと雪の降らない、地域に住んでいるので
冬場は大人しく、近場を周遊していればいいものを
雪道を走ろうとすると、スタッドレスタイヤなんぞが必要になってくる。

普段の生活に使う必需品ではないので、年に数度出かけるかどうか判らない旅のための
おまじないみたいなもんで、ほとんどは、都会の乾いたアスファルトで
磨耗してしまう。

しかし、雪のある地方へ行くと、やっぱり
”履いていてよかった”・・と

この安堵のための、高価な保険代だろう。

そんなスタッドレスタイヤだが、雪道でも万能ではなく
傾斜のあるところでは、登れない場合もある。

昔のこと。
スキー場へ向かう上り坂で、前の車が動けなくなってしまった。
多分、雪道走行に慣れてなくて、スピードを落とし過ぎて
止まってしまったのだろう。
こちらは十分に車間を空けて、後ろを走っていたのだが、
こちらも止まったら、動けなくなる可能性がある。

スピードを落として、駆動力がある状態で、
追いつかないように、近づくが、前の車は動かず。
とうとう追いついてしまった。
こうなると圧雪が効きすぎて、氷のようになった坂道では
スタッドレスタイヤでは滑るばかりで、リスタートできない。

やむなく、後ろからくる車のためにハザードをつけて
道幅の広い場所まで、後退・・・というかズリ落ちていく。

そこで、タイヤチェーンの出番となる。

こういう場合のためにも、雪のある地域へ出かけるときには
保険のまた保険として、携帯しておきたい。

以前、使っていたタイヤチェーンは、
今回のハイエースには合わないので、選びなおしだ。

商用車バンタイヤなので、タイヤチェーンも
それに見合った、耐荷重に耐えられるチェーンでなくてはならない。

ネットで検索した結果
↓ が一番、安価でよさそうだったので ポチッ。

まあ、保険代と考えれば安いもんだろう。
大きさも非金属チェーンに比べればコンパクトなので
積んでいても、そんなに邪魔にならないだろう。
果たして、使う時はあるのか?
願わくば、使わずに済みたいものだ。
えっ、それなら出かけるなって?(笑)


冬用 タイヤが届いた

めったと雪、凍結を経験しない都市部に住んでいると
冬用のスタッドレスタイヤは、海外旅行の保険みたいなもんで
その地方へ出かけることがなければ、必要性は感じることはない。
が、もし、急に行くことになった時には
やはり、あった方が安心だ。
できれば、最少の掛け金で済ませたい。

的な感じでしょうか?
保険なら、ネットで検索して、自分の日程、目的地に合った保険をすぐに契約できるが
残念ながら、スタッドレスタイヤではそうはいかず、
いざという時のために、例え、掛け捨てになろうと、履いておかなくては
ならない。

20121208000.jpg

で、最少の費用で済ませるために選択したのが上のタイヤ。

ボクの乗っているハイエースは 8ナンバーなので2年に一度の車検ですが
車検時期が3月初めなので、この時期はまだ
冬用タイヤを履いている時期。
車検時期が、5~11月くらいのノーマルタイヤを着用している時期なら
冬用タイヤは、(あくまで)自己責任で、乗用車用の冬タイヤを
選択、着用すれば、結構経済的なタイヤもみつかる。
しかし、スタッドレスタイヤで車検を通るには
それなりのものを選択しておく必要がある。


NANKANG
195/80R15 107/105L

現在、このサイズは結構人気があるみたいで
売り切れも続出していて、品薄状態ですね。

なんか、みかけないメーカーだが
それも、そのはず。
made in 台湾 なのだ。
なんでも、北海道の冬をターゲットに開発されたとか。
ネットでの評判もそこそこだし、BS の半額というのは
”掛け捨ての保険”代としては、うれしい。
純正のFeホイールを組み込んでも5諭吉ほどだろう。

さて、実際に走ってみてどうか?
ノーマルタイヤよりはずっとマシだろうが
楽しみでもあり、ちょっと怖い気もする(笑)

ハイエースに車中泊用の網戸をつけました

ハイエースのカテゴリーを作っておきながら
ほったらかしにしていましたが、ボチボチとアップしていきましょう。

で、今回はこれからの暑い時期に車中泊する際に必要になる
と思われる網戸をつけました。



20120628_001.jpg

網戸と行っても、実際に網部分が開閉するわけではなく
スライドドアにある開閉ウインドの外側に
アミを貼っただけですね。

取り付けには ”アミ戸はりかえくん”↓



というのを使いました。
(アミは別途必要です)

両面テープとマジックテープみたいなもので付けてあり、
網が破れた場合も、簡単に張替えができます。
実際に、やってみましたが、両側で1時間もかからないくらいでしたよ。

コストも送料込みで2000円弱+網が300円程度でできました。
しかも、まだ部材が余っているので
スーパーロングみたいに窓が4面あっても同じ値段で出来てしまいます。

各社から出されている、専用の網戸が2面で10000円くらいするので
コスパはいいでしょう。
ただ、年中つけっぱなしになるのが難点か?

そのため
ウインドからのものの出し入れはできません・・・普通はしないよね。

ウインドを開けてもメッシュになっているので虫の侵入を
防げます。

なんで、車中泊する際には天井のMAXファンを回して換気をしながら
ウインドから外気を取り入れれば、ちょっとは涼しいかな?
でも、外気温以下には下がらないんだよね。

積極的に冷やそうとすると


やっぱりコレかな?(笑)
NEXT≫
FC2カウンター
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:bronzecamper
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。