スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剱岳と剣山

週中で”海外出張”があったので続きが遅れてしまいました。
 

さて、石鎚山は土小屋から登ると行程4.6Kmのうち最後の1kmの先の”二の鎖小屋”のところで
ロープウェイ側からの登山道と合流します。
石鎚山には三箇所の鎖場があり土小屋方面からのルートでは一の鎖は登らずに二の鎖から
登ることになります。
102605.jpg
ご覧のように鎖とは言え、鉄棒が連結したようになっています。


この二の鎖・・一応登りと下りが分かれているのだが
下りで使う人はほとんど居ないので、多くの人が二本の鎖を使い分けながら登って行きます。
足場は決まっていないのと結構滑るので、一部”腕力勝負!”みたいなところもありました。
鎖がご覧のように杭に使うような長い棒を繋げたようになっていて、継ぎ目の大きなワッカを
足場に使ったり、途中にトライアングルみたいな△の足場がぶら下がっていたりして
結構ハードな登りがありますが、足を滑らせても、滑落で死ぬことはないでしょうから
童心に帰って、探検してみるのもいいかも。
あと、鎖場を上りたくない人には迂回路があるので、安心して登れます。
102607.jpg
迂回路は上りと下りにに分かれています。
それにしても”お上りさん”は許したとして”お下りさん”とは??



二の鎖を登りきり、次の三の鎖を登るとそこが弥山の頂上になります。
102608.jpg


石鎚神社前で多くの人がここで参拝&休憩して居て、昼時には足の踏み場もないくらい。

石鎚山の最高点は”天狗岳”というところにあり
弥山から15分ほど稜線を歩いたところにあります・・
102609.jpg

弥山から天狗岳を見渡す。
ガスが掛かっていたのであまり判りませんが
晴れていれば両側は落ち込んでいて、結構高度感あります。


天狗岳への道は稜線を歩くのですがこれが結構スリルがあり、
左側60度右側30度という感じでしょうか。
弥山から天狗岳に向かう左側は切れ込んだ崖になっていて間違っても
こちらには落ちたくない!

102610.jpg
慎重に右側の岩場を上がっていきます。

102611.jpg
岩場から下を覗き込む人。
切り立っていて高度感あります。

岩場を登ると最高点1982mに到着。
102613.jpg 
ちょっと腰が引けてますが・・(苦笑)

ちなみに家人んには荷物の留守番をお願いし
天狗岳へは単独登頂です。
決して、怖かったからではありません・・・・・?
再び弥山へ引き返して持ってきた弁当で昼食を食べた後、下山です。
その翌日がさぬきうどんツアーでした。

さて、タイトルの二つの山ですが

剱岳・・言わずと岩と雪の殿堂。最近でこそ多くの人が登るがそのスリルと困難さは国内一級。

剣山・・1955m四国第2の標高でありながら観光リフトで容易に途中まで上がれ
    そこから先はハイキングの気軽さ。頂上はなだらかな丘状で
    百名山の中では気軽に登る山のひとつはなかろうか。

土小屋から途中までは 剣山のようなお気軽なハイキングコースで。
残り1kmはちょっとがんばれば誰でも弥山に立つことができる。

二の鎖から上の鎖場は、剱岳にも負けないロングな鎖場で
弥山から天狗岳へは鎖、ロープ無しの岩場伝い。

この石鎚山はまさに両山の性格を合わせ持った山かもしれない。


これで、中国・四国地方の百名山を制覇!・・あといくつだ??(笑)

スポンサーサイト

四国の百名山

石鎚山。かの日本百名山の中の一つで四国愛媛県にある山。
今回、さぬきうどんツアーのついでに?行ってきました。

前日夜発。瀬戸大橋手前でP泊後、翌日久しぶりの四国へ上陸。

石鎚山へはロープウェイを使って石鎚神社側から登るルートと
石鎚スカイラインの終点の土小屋から登るルートが一般的。
さらに土小屋へは松山から石鎚スカイラインを使うルートと
瓶ケ森林道などを使うルートがあるが
今回ぼくらは瓶ケ森ルートで土小屋側から登ることにした。

坂出から西へ走り、西条で高速を降りて、更に小一時間で
瓶ケ森林道の入り口に到着。
ここから林道を約1時間走って土小屋に到着です。
大阪からざっと400Km約5時間・・・めちゃ遠いです。

102601.jpg
途中、標高1500m付近の山肌を走るコースは絶景の眺めです。
瓶ケ森林道は、もともと林道なんですが今ではすっかりメジャーになっています・・・が
幅員は1.5車線しかなく、すれ違いに苦労します。

102602.jpg


途中にある ”子持権現山” 周囲から飛び出ていて目を引きます。

102612.jpg

途中はガスがかかって余りいい天気ではなかったのですが
紅葉の真っ盛りでした。

土小屋からは頂上まで約4.6Km
そのうち3kmは軽いハイキングコースみたいなもんで楽勝です。
102604.jpg

途中の道もしっかりと木道が整備されていました。

102603.jpg


コースの途中から頂上を望む・・・もガスで見えず・・・
果たして登れるのか??

つづく



さぬきうどんツアー2010秋

ボク的にすっかり恒例となりました、さぬきうどんツアー。
今年も行ってきました。
今回は是非行ってみたい店がありました。
それは・・

その前に、まず一軒めは丸亀にある
純手打ちうどん よしや。

102501.jpg

わざわざ ”純手打ち”と名乗るくらいですから
昔の手打ち手法で打っています。それもそのはずで
あの ”宮武”の流を汲む店だそうです。
麺は不器用に手切りされているため太さもバラバラですが
そこに手打ちの趣を感じます。
太めの麺でしっかりとした腰があります。人によっては固いと感じるかもしれません。
今回は、”しょうゆ”でいただきました。
(麺だけをもらってテーブルにある醤油を自分でかけて食べるやつ)
店は朝7時からやっているので、朝食代わりにもいけます。






続いて向かったのは、今回の本命 宮武うどん

102502.jpg

2009年6月にご主人の体調不良により突然閉店した名店が今年の4月に復活?
新しい店主が前の主人から手法を引き継ぎオープンしたもの。
果たしてどこまで引き継がれているか?
なーんて語れるほど精通していませんが
さぬきうどんファンとしては気になるところ。
前の店は琴平の田んぼの真ん中にあったが、今度の店は
高松西ICからすぐの国道沿い。
のれんも懐かしい昔のまま(涙)
システムは、前の店がオーダーしたあと席まで運んでくれてきたものが
今度のはセルフ方式です。
麺はさきの よしや と同じく・・というか よしや が宮武と同じの
太目のしっかりとした腰の麺。
今回は ひやひや でいただきました。
宮武ファミリーでは
麺を ひや(冷たいのん) と あつ(熱いのん)
ダシも ひや と あつ が選べて
”ひやひや”は冷たい麺につめたいダシのこと。
個人的には、今回だけかもしれないが・・・ちょっと固すぎの感ありでした。


さて3軒めは
これも高松市内にあります 一福

102503.jpg

ここの麺は やや細め なのが特徴。
麺は細めながら適度に腰があり、その細さ故に喉越しがいい。
個人的には今回の3軒の中では一押しです。

102504.jpg

ここも ひやかけ(宮武流でいえば ひやひや)でいただきました。
澄んだダシはカツオ節で麺との相性もよくてダシまで完食でした。


と、いうわけで
今回は3軒を巡ってきました。ボク的にはまだまだ行きたかったのですが
・・・これ以上回ると家人からクレームがつくので、今回はこの辺で。

2011 東京マラソン

エントリー申し込みしていた結果がきました。

「誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。」

と、いうことで今回の参加は見送りです。

尤も、定員の10倍近い申し込みだったようで、

当たったらラッキー程度であんまり当てにしてませんでしたから

そんなに残念な気持ちも無いのでけどね。

11月に補欠抽選があるらしいけど、こっちの方は更に倍率は上がるので

全然期待してないし。

昨今のランニングブームで大きな大会は数ヶ月前に申し込み締め切りが当たり前で

申し込んでいても、エントリー料の入金が遅れると参加できないとか。

唯一、ホノルルマラソンは前日現地でもエントリーできるそうですが

こちらは、ホノルルまでの飛行機の確保がネックになっているそうで

ツアー受付は7月くらいから始まって、即日売り切れだとか。

来年の大阪マラソンにもエントリーしてみようかな。

こちらも競争倍率高いんだろうけど外国人枠みたいに地元優先枠みたいなものも

作ってくれんかな?

焼岳

yakedake1.jpg 
河童橋からみた焼岳

年に数回しかキャンプをしない方々を”にわかキャンパー”とか呼んだりして
その数回のために一式のキャンプ用具を揃えるのは勿体無い・・・
せっかく揃えたのなら、もっと活用しなくては・・・で
年中キャンプをやりだしたのは・・・ボクです(笑)

それでは年に数回しか山登りをしないボクは、”にわか山や”と呼ばれるんでしょうね。
そんなボクらにとって暑くも寒くもないこの時期の三連休は絶好の登山狙い日。
実際、この時期には一昨年、昨年と北アルプスへ出かけている。
で、今年の三連休は、先の三連休にハードな剱岳をやったので
少しのんびりとして平湯をキャンプベースにして
アルプスの溶鉱炉の異名を持つ”焼岳”に日帰り登山を目指そうかなと計画。

しかし、この週末の天気はいかんともしがたく
出かけてはみたものの、途中で予定変更。
あっさりと諦めて近場のK河原で”のんびり”だけを過ごしてきました。
ボクらが登ろうと思っていた日は予報に反して天候が回復してきたようでしたが
平湯に逗留していても前日の雨で足場が悪いので登ったかどうか?
は微妙な判断だったでしょう・・・としておこう。

にわか愛好家としては紅葉時期を狙って近場に出かけることは
あるにしても今回の3連休をもって遠征は終わり。
早くも来年のプランを考えて楽しんでいます(笑)

yakedake3.jpg
出番のなかった今回のお荷物たち

右の赤いのんは
ボクの通勤用ザック兼用です(笑)
FC2カウンター
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:bronzecamper
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。