スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もありがとうございました


年末、寒くなってきました。
本年も、ありがとうございました。
ちょっと出掛けてきます。
今回はボルカノフローを
試してきます。
少しはやいですが
皆さん、良いお正月をお迎えください。
スポンサーサイト

電子レンジのメンテナンス

ちょっと時間があったので、我が家の電子レンジのメンテナンスを。
と、言っても本格的にバラシたりはしない

前々から
取り消しボタンが働かないとか・・・
 途中で止めたくても、止められないが、
 扉を開ければ、止まるし・・ってことで放置していたもの
 これは、子供が小さい頃、唯一手が届く高さにあったので
 押してみて”ピッ”となるのが面白くて、触ってるうちに
 働かなくなったもの・・・何年前からかな(笑)

オートメニューのスイッチボタンが入らないとか・・・
 まあ、オートでなくても マニュアルで時間を合わせれば
 なんとかなるし・・て放置してたもの

と、不具合も出てきたし、久々に、ウチに居て
時間があったので、思い切ってメンテナンスをすることにしたのだが。

何しろ、ウチの電子レンジは、キッチンで ドーンと居座り
圧倒的に存在感を誇示している。
その周辺を様々な道具が取り巻いているため、
こいつを、ひっぱりだすのは容易ではない。
それ故に、中々手をつける気がしなかった。

思い切って、周囲の取り巻きをドケて
引っ張り出す。

改めて、製造年を確認。20121221005.jpg


1983年製

約30年前のもの・・・
そう、我が家の歴史を見守ってきた由緒ある、そして唯一の家電製品なのだ。

毎日何回も使用するのに、未だに現役で活躍してくれている。
今と違って、PSIマークがないので、故障して発火しても文句は言えないか?

カバーを外して、改めて驚き。

20121221002.jpg

扉のインターロック(安全装置)がメカ式になっている。
扉の開閉に連動して、機械的にロックがかかり、このロックがないと
これまた、機械式のスイッチが入らない仕組みになっている。
使ってあるのは、機械式のリミットスイッチ。
今だったら、センサー&タッチスイッチ入力をマイコン処理だろう。
う~ん・・レトロだが返って、安心感がある。
が、ココが故障したら、果たしてこのスイッチは
入手できるのか?
20121221004.jpg
20121221003.jpg


で、肝心の作業は、スイッチパネルを取り外して
接触が甘い部分に、少し、 盛りつけて、スイッチの効きをよくしてと。
元通り、取り付けて、カバーをつけて終了。
結果は、上々です。

蛍光灯の点灯時間を短くする

これから、年末にかけて、大掃除のついでに、蛍光灯も変えよう・・・
なんてことありませんか?

もし、使っている蛍光灯が、インバーター式でないなら
点灯管も同時に交換することを 強く お勧めします

それも、普通の点灯管じゃなくて

電子点灯管

に変えてみませんか?

点灯管を変えるだけで、今まで、チカ・チカ・パッ って点いていた蛍光灯が
ほぼ、瞬時に点きます。
もしかしたら、インバーター式よりも、早く点きます。

最近はLED式の照明も出てきましたが、
まだまだ、明るさと、コスパでは蛍光灯は負けていません。

インバーター式は、調光できるメリットはありますが、
点灯管式に比べれば、割高ですよね。

どうせ、 ON/OFF しか使わないのなら、安い蛍光灯のグロー球(点灯管)を
この電子点灯管に交換するだけで
点灯する時のタイムラグから解放されますよ。

初期コストは、グロー式が100円程度で買えるのに対し
数倍しますが、寿命は約10倍。
しかも、グロー式に比べて、点灯するまでに数回のチカチカが無いので、
蛍光灯自体の寿命が2~3倍長持ちしますので、トータルで考えれば、絶対お徳です。
お試しあれ。

車中泊 こたつバージョン2

前回の 車中泊こたつお座敷バージョンから


今回は、テーブルバージョンです。

20121208001.jpg

備え付けのテーブルにカバーを掛けて、上に板を載せただけですけど(笑)
この状態では、こたつ布団が 掛かってないので、テーブルが大きめですが
ふとんをかけてやると、丁度いい感じになります。

車内で鍋をつっつきながら、熱燗でも・・・
すごい、湿気なんでしょう
やむをえず
天井のベンチレーターを回すと、足元がすーすー?
しかし、こたつのカバーの中に脚を入れておくと、
FFヒーターの暖気が逃げずに
足元ポカポカ・・のはずなんだが。

冬用 タイヤが届いた

めったと雪、凍結を経験しない都市部に住んでいると
冬用のスタッドレスタイヤは、海外旅行の保険みたいなもんで
その地方へ出かけることがなければ、必要性は感じることはない。
が、もし、急に行くことになった時には
やはり、あった方が安心だ。
できれば、最少の掛け金で済ませたい。

的な感じでしょうか?
保険なら、ネットで検索して、自分の日程、目的地に合った保険をすぐに契約できるが
残念ながら、スタッドレスタイヤではそうはいかず、
いざという時のために、例え、掛け捨てになろうと、履いておかなくては
ならない。

20121208000.jpg

で、最少の費用で済ませるために選択したのが上のタイヤ。

ボクの乗っているハイエースは 8ナンバーなので2年に一度の車検ですが
車検時期が3月初めなので、この時期はまだ
冬用タイヤを履いている時期。
車検時期が、5~11月くらいのノーマルタイヤを着用している時期なら
冬用タイヤは、(あくまで)自己責任で、乗用車用の冬タイヤを
選択、着用すれば、結構経済的なタイヤもみつかる。
しかし、スタッドレスタイヤで車検を通るには
それなりのものを選択しておく必要がある。


NANKANG
195/80R15 107/105L

現在、このサイズは結構人気があるみたいで
売り切れも続出していて、品薄状態ですね。

なんか、みかけないメーカーだが
それも、そのはず。
made in 台湾 なのだ。
なんでも、北海道の冬をターゲットに開発されたとか。
ネットでの評判もそこそこだし、BS の半額というのは
”掛け捨ての保険”代としては、うれしい。
純正のFeホイールを組み込んでも5諭吉ほどだろう。

さて、実際に走ってみてどうか?
ノーマルタイヤよりはずっとマシだろうが
楽しみでもあり、ちょっと怖い気もする(笑)

千早ふる 竜田川

随分時間が経ってしまったが、備忘録ついでに


”千早ふる 神代も聞かず 竜田川 唐紅(からくれない)に 水 くくるとは”

神々の時代にも聞いたことがないほど、
散っていく紅葉が竜田川を染めていく様子を読んだもので
百人一首の中の 在原業平(ありわらのなりひら)の有名な句で
一度はきいたことがあるだろう。

古来より紅葉の名所として、有名な 竜田川。

さて、どこにあるのだろうか?

調べてみると、意外に我が家から近いこともあり、
先日、ちょこっと行ってきました。

20121125002.jpg

奈良県の斑鳩地方にあり
一級河川ではあるが故に、両岸は完全に護岸工事されていて
両岸に、遊歩道が整備されている。
ご近所の方の散歩道みたいなもので

保存会の方が、名前負けしないよう、植樹されているとのこと。

名前だけが有名で、実際に行くと期待はずれ・・・みたいなことって
よくあります。


20121125001.jpg


ボクはこの句を誤解説した、落語の ”千早振る”の解釈が好きです(笑)

参考までに、

花魁の ”千早”に振られ、
妹分の”神代”にも聞いてもらえなかった 関取の”竜田川”
ここまでが上の句
(千早振る 神代も聞かず 竜田川)

”竜田川”が、関取を辞めて、故郷で豆腐屋をやっていると
みすぼらしい女性が訪ねてきて、”おから”を分けてくれと。
よく見ると、昔、自分を振った 千早 の成れの果てだった。

竜田川は おから をやらずに追い返した。
失望した 千早は 井戸に身を投げた・・
下の句
(からくれないに、水くくる とは)

最後の ”とは”が、 千早の 本名だった
という感じです。 お見事(笑)
FC2カウンター
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:bronzecamper
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。