スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぬきうどんツアー2010秋

ボク的にすっかり恒例となりました、さぬきうどんツアー。
今年も行ってきました。
今回は是非行ってみたい店がありました。
それは・・

その前に、まず一軒めは丸亀にある
純手打ちうどん よしや。

102501.jpg

わざわざ ”純手打ち”と名乗るくらいですから
昔の手打ち手法で打っています。それもそのはずで
あの ”宮武”の流を汲む店だそうです。
麺は不器用に手切りされているため太さもバラバラですが
そこに手打ちの趣を感じます。
太めの麺でしっかりとした腰があります。人によっては固いと感じるかもしれません。
今回は、”しょうゆ”でいただきました。
(麺だけをもらってテーブルにある醤油を自分でかけて食べるやつ)
店は朝7時からやっているので、朝食代わりにもいけます。






続いて向かったのは、今回の本命 宮武うどん

102502.jpg

2009年6月にご主人の体調不良により突然閉店した名店が今年の4月に復活?
新しい店主が前の主人から手法を引き継ぎオープンしたもの。
果たしてどこまで引き継がれているか?
なーんて語れるほど精通していませんが
さぬきうどんファンとしては気になるところ。
前の店は琴平の田んぼの真ん中にあったが、今度の店は
高松西ICからすぐの国道沿い。
のれんも懐かしい昔のまま(涙)
システムは、前の店がオーダーしたあと席まで運んでくれてきたものが
今度のはセルフ方式です。
麺はさきの よしや と同じく・・というか よしや が宮武と同じの
太目のしっかりとした腰の麺。
今回は ひやひや でいただきました。
宮武ファミリーでは
麺を ひや(冷たいのん) と あつ(熱いのん)
ダシも ひや と あつ が選べて
”ひやひや”は冷たい麺につめたいダシのこと。
個人的には、今回だけかもしれないが・・・ちょっと固すぎの感ありでした。


さて3軒めは
これも高松市内にあります 一福

102503.jpg

ここの麺は やや細め なのが特徴。
麺は細めながら適度に腰があり、その細さ故に喉越しがいい。
個人的には今回の3軒の中では一押しです。

102504.jpg

ここも ひやかけ(宮武流でいえば ひやひや)でいただきました。
澄んだダシはカツオ節で麺との相性もよくてダシまで完食でした。


と、いうわけで
今回は3軒を巡ってきました。ボク的にはまだまだ行きたかったのですが
・・・これ以上回ると家人からクレームがつくので、今回はこの辺で。
関連記事

この記事へのコメント

- ゆきち - 2010年10月25日 02:00:58

いいですね。うどん。旨そうです。
讃岐うどんは恋しいランキング1位です。
宮武って復活したんですね。行ってみたいです。
ひやひやってかけの冷やって事ですよね?
食べた事無いかも。旨そうですね。
こっちも讃岐うどん屋できないかな。。

- kc9085 - 2010年10月25日 22:05:45

ボクも恋しくなって一年に一回は行かないと気がすみません。
宮武は前の主人が引退して跡継ぎさんがやられているそうですよ。
高松西ICからすぐのとこなんで今度行ってみてください。
ひやひやは宮武の呼び方なんで
一般にはひやかけとか呼ばれてるんじゃないかな?
麺も延びずにとダシのうまみが味わえるのでボク好みです
・・・猫舌なもんで(笑)

トラックバック

URL :

FC2カウンター
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:bronzecamper
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。