スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KOVEAコベア アルパインポット とジェットボイルの比較2

今日は、算数のお勉強です。
日頃使わない頭を使ってみましょう・(爆)

色々な前提条件は無視して・・・
一般的なガスの成分であるブタン(C4H10)の発熱量は
1m3あたりで29610Kcalとあります。
もちょっとわかりやすく 1L(リットル)のブタンガスを燃やすと
で29.6Kcal の熱が出ることになります。

ここからちょっと計算式とさまざまな前提条件はあるのですが
1Lのブタンガスは重量に直すと およそ 2.6gになります。
つまり 2.6gの消費で29.6Kcalの熱を発生させることになります。

では、ジェットボイルで250mlのお湯を沸かすのひ必要なガス量は・・

カタログではガス消費量が 100g/h ありますから
85秒でお湯が沸くとするとは 2.36gの消費となります。
よって、85秒間の燃焼で発生する熱は26.9Kcalになります。

一方、250ml25度の水を →100度にするのに必要な熱量は・・
小学校の理科の問題では 18.75Kcal 必要です。

と、いうことで 26.9kcalの燃焼熱のうち
18.7Kcalがお湯を沸かすのに使われたことになります。

熱効率は 18.7/26.9≒0.7 

実際の燃焼で発生する熱の約7割が有効に使われる計算になりますね。
残りの3割は・・色々と消費されていることになります。QED
他のバーナーではそれ以下ということになるんでしょうね。


あくまで、さまざまな前提条件を無視したものですので
悪しからず。

この熱効率の良さはバーナーの性能によるものではなく
バーナーの熱を効率よく伝える容器の底面よるものなので
逆に言えば、バーナーを止めた瞬間に
放熱効率のいい容器になって、底面からどんどん熱を
逃がしてしまうのでは?と思ったりします。


では、同様にKOVEAのアルパインポットの熱効率は いくらでしょう

(ガス消費量は75g/h、沸騰までの時間は110秒とします)
解答は、コメント欄にお書きください(笑)
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

FC2カウンター
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:bronzecamper
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。