スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

済州島旅行 その2

2日目は、昨日の二人組と別れて別行動。
運転手さん、ガイドさん、それにボクら二人のプライベートガイド。
ちょっと新婚さん気分か?(笑)
運転手さん、ガイドさんとも日本語ペラペラなので、4人で楽しく会話をしながら
旅は続く。


20130320025.jpg


朝食は、昨日の飲みすぎに効く”カキクッパ”(カキ入りスープにごはんが入ったもの)
これが、朝から強烈に辛い、でもウマっ。
顔や頭から汗が噴出しました(笑)

少し移動して、自然遺産の万丈窟(マンジャングル)
世界最大の溶岩洞窟らしく全長7Kmもあるらしいが、観光客は1Kmまで。
溶岩が流れた後にのこった洞窟で、人工で作られたのでは?と
思うくらいまさに、地下トンネル。
一般的な鍾乳洞が石灰岩が溶けてできた洞窟で、長時間で石柱や石筍ができているのに対し
溶岩窟は全て、何度かの溶岩の流出により、出来上がったもので
壁には溶岩の流れた跡や、熱で岩が溶けて垂れたあとが見られたりします。

20130320026.jpg
地下にはこんな石柱もありますが、これも溶岩の熱作用で出来たもの。

更に移動して、同じく自然遺産の 城山日出峰(ソンサンイルチュボン)
海底で溶岩が噴出し、海の中に忽然とヤマが出来上がったもので
噴火の際に陸地とつながったそうな。

20130320027.jpg

頂上は噴火口のくぼ地になっていて、外輪まで階段で登っていける。
標高は185mほどです。
ここからの眺めはなかなかなものでした。


またまた移動して、民族村へ。
昔の済州島の家屋のままで残っていて、今でも実際に暮らしている人もいる。
白川郷のように保護地区になっているので、勝手に改装はできないそうな。
地元の人がガイドをしてくれて、面白かった。


20130320031.jpg


極めつけは、済州島名物の黒豚の飼い方。
昔は、黒豚のカコイのうえに 便所があって、人の排泄物を餌にして飼っていたそう。
今は、ちゃんとエサで飼育していますが。




海外へ出て、有名な”シュリの丘”から免税店を回って、
夕食は、アワビ定食。
小さなアワビのバター焼きとアワビ粥または炊き込みご飯付き。

20130320034.jpg



そしてホテルへ戻って解散。
ボクらは再び、市内のショッピングへ。

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

FC2カウンター
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:bronzecamper
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。