スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪ストーブについて考えてみる

たしかに、雰囲気はいいのだが
設置、撤収、なんと言っても薪の調達、運搬を考えると
実用的には???

田舎のログハウスとかで暮らして、薪の調達に困らない環境なら
考えんでもないが。

そもそも、薪ストーブって本当に暖かいのか?
いや、今まで、何回かその場面に遭遇したけど
確かに、暖かかった。
但し、その場面には、十分に薪が有り、いくらでも
投入できる環境があった。

実用的に、キャンプへ持っていく場面を想定するとどうだろうか?
都会に住むウチらの場合、薪は購入することになる。
そうすると、1束 約10Kgで500円くらいだろうか。

1泊2日のキャンプでどのくらい消費するか?
あくまで、仮定であるが、4束(約40Kg)くらいは使うかな?
それでも、1晩で燃料代として約2000円の出費となる。
これは、結構バカにならない。

と、経済的な話は置いといて。

ここから、更に仮定を積み上げていくんですが
あくまで、諸条件に仮定を重ねたものなので、悪しからず。

さて、この40Kgの薪を冷えてくる夕方4時~就寝前の10時までの6時間
+翌朝、起床の6時~撤収前の10時まで4時間の合計10時間で消費すると
仮定すると、1時間当たりに使用する薪の量は 4kgになる。

大雑把に、乾燥した ”薪”1kgで 約4000Kcal程度 の
熱量を発生すると言われているので
1時間当たりの発生する熱量は
4000Kcal/kg × 4Kg/h=16000Kcal/h
となる・・・あくまで仮定です。

一般的な石油ストーブの熱量は まあ 3000kcal/h程度なので
”薪”はその5倍以上も発生することになるので
そりゃ、暖かいわけですね。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

FC2カウンター
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:bronzecamper
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。