スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな所で脱皮?

かの『三国志演義』の中に登場する呂布(リョフ)と貂蝉(チョウセン)の恋。

壮大な長編の中で唯一のラブストーリーかも知れない。

皇帝をも蔑ろにする董卓(トウタク)の横暴に苦しむ王允(オウイン)は養女の貂蝉(チョウセン)に

その美貌で董卓(トウタク)とトウタクの養子の呂布(リョフ)に近づかせ、

お互いの嫉妬心から仲たがいをさせて、いわゆる”連環の計”で、

董卓(トウタク)を抹殺させてしまう・・・その後、自分の華やかな時期を

養父と国のために捧げた貂蝉(チョウセン)は行方をくらませてしまう。

儚い恋と命のサイドストーリーである。





・・・と、いう話はさて置いておいて。


semi1.jpg

「ねぇ、君・・・何もココを最後の脱衣所に選ばなくても・・」

はっはっ、ちょっとゲスなタイトルで失礼しました。

キャンプ場で見かけた蝉の抜け殻


蝉の抜け殻は古来から「空蝉」と呼ばれて、

はかなさの象徴みたいに呼ばれてきてます。

長い時間を地中で過ごして、成虫に脱皮してから数週間で

命を尽きてしまう・・そんな、儚さから来ているのでしょうか。







しかし、君・・・他の昆虫が冬も越せずに一生を終えるのに

比べて地中で数年間も過ごす蝉ってやっぱり長生きと思わないかい??








あっ、冒頭の『三国志演義』はただ ”貂蝉(チョウセン)”に
”蝉”の字がついていたからです(笑)

KC's Easy Site

よろしければクリックで応援してください。

人気ブログランキング参加中

全国から注目されているサイトが大集合!スポーツ・アウトドア人気急上昇ランキング

もうひとつのアウトドアブログ


semi2.jpg


関連記事

この記事へのコメント

実にKCらしい - 爽生 - 2008年08月05日 21:57:10

久々にみたマジメな作文でした(笑)。

- KC9085 - 2008年08月08日 11:59:11

暑いので、PCの前に座るのも億劫な今日この頃。
久々に??ボクらしいとは??
いつもマジメに書いているのだが・・・(笑)

トラックバック

URL :

FC2カウンター
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:bronzecamper
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。