スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣山 登頂 その1

いつものように、前日の夜に出発。
明石海峡大橋を渡り、ETCの割引を受けるために淡路島内でP泊。

翌朝、徳島道を通り、美馬ICで下りて 剣山 を目指す。
僅か45kmほどなんだが結構気を使う道だった。
こんなトコを観光バスが通るかと思うと・・・対向は勘弁してほしいというところが
何箇所もあった。

午前8時過ぎに見の越しの駐車場に到着。
こんな、山奥・・失礼・・の割りに立体にもなっていて立派な駐車場でしかも無料。
おみやげ屋や食堂、民宿なんかもあり、立派な観光地。



turugi10.jpg
ここは標高約1400mで目指すはあの山は1955m。
ということは標高差は550mちょっとか。


剣山はその道のりを除けば、関西ではもっとも気軽に登れる山のひとつだろう。。
その訳は↓
turugi11.jpg
途中まで、登山リフトがあり、片道1000円/往復1800円を払えば
登山道の半分を省略できる。
これは、もう伊吹山が9合目までドライブウェイが通っているのと、いい勝負。


営業は9時からなので、ボクらはそのまま剣神社の脇から山道を登る。
(二人で往復3600円払うくらいなら頑張って登るよなぁぁ・・・である)


turugi12.jpg
途中の紅葉などを見ながら、約40分で上のリフトの駅に到着。標高1730m。
と、いうことはリフトの人は330mほど、楽に上がってきたことになるのであと220mは
自力で上がってくださいってことで。


turugi13.jpg
駅前には食堂や公衆トイレもあり、少し下ったところに野営場もあり、至れりつくせり。



さて、ココから頂上までは3つのルートがある。
turugi14.jpg
第一のルート:尾根道を直登する健脚向き 900m約40分
第二のルート:ほどほどの登りと平坦な道で登る一般向き 1200m約1時間
第三のルート:遊歩道的にダラダラと上がるお散歩コース 1980m約80分

ボクらは迷わず第一のルートを選択。
同じ登るなら、さっさと登ってしまいたいしぃ。



整備された登山道を約30分登れば、剣山山頂ヒュッテに到着。
turugi15.jpg
剣山本宮です。

頂上は更に熊笹で覆われた平坦な尾根の木道を歩いていけば到着。
turugi16.jpg

turugi17.jpg

見の越しから約1時間半。あっけなかった・・・・が風が強かった。
天気が良ければ↓のジロウギュウまでピストンしようかと思ったが
も、ひとつだったので、山荘で一服したあと、さっさと下山。
12時過ぎに駐車場へ戻ると、既に200台は停められそうな駐車場は満杯だった。
観光バスでやってきたりして、気軽に登山リフトで上がっていってたり。
関西では伊吹山の次にお気軽に登れる山かもしれない。
来年は機会があれば四国の最高峰の石鎚山でも登ってみよう。


turugi18.jpg
剣山山頂からジロウギュウを望む。



追)帰りに琴平へ出て、遅めの昼食&おやつに さぬきうどん を2店はしご。
温泉に入り、道の駅で一泊。
翌日も朝食代わりに 2店はしごして帰ってきました・・・・あくまでおまけです。



関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

FC2カウンター
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:bronzecamper
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。